コラーゲンの合成と分解を理解する!

サプリメントにもよく使われるコラーゲン。
実はコラーゲンは体内でも合成されているのを知っていますか?

コラーゲンの分解・合成

そんなコラーゲンの体内での分解・合成について詳しく知れば、経口摂取したコラーゲンサプリなどの効果もより効率よく発揮できるようになりますよ!

コラーゲンの経口摂取とその後

サプリメントなどで摂取したコラーゲンは、そのまま直接お肌に届くということはありません。
体内で分解され、再合成されています。

その仕組みを詳しく見てみましょう。

分解

経口摂取したコラーゲンは、胃まで届くと分解が開始されます。
“ペプシン”という酵素によってコラーゲンは分解されていきます。

そこからさらに進むにつれて分解され、最後は小さなアミノ酸となります。

そのアミノ酸は小腸で吸収されて、各部位へ運ばれることになります。

合成

そうして分解されて出来たアミノ酸たちは、小腸で吸収されたあとに各部位に運ばれていろいろなものに合成されていきます。

それらのアミノ酸はそもそもコラーゲンなので、当然コラーゲンを合成するためのアミノ酸は揃っているわけです。
ですから分解されたアミノ酸の一部は、コラーゲンとして再合成される事になります。

その再合成されたコラーゲンが、お肌に届くんですね。

コラーゲンペプチドは分解されない?

これらの仕組みが解明されたところで開発されたのが、“コラーゲンペプチド”です。

経口摂取したコラーゲンが分解・吸収・再合成という面倒なステップを踏まなければならないのは、分子が大きいからです。

その二着目して開発されたのが、分子量の小さいコラーゲンぺプチドなんです。
分子量が大きいから分解されてしまうなら、小さくすればいいという単純な考えですね。

最近の研究では、経口摂取したコラーゲンペプチドの約半分は分解されずにそのまま吸収されることが分かっています。

再合成に必要な要素は?

コラーゲンペプチドなら半分は吸収されるとはいえ、やはり出来る限り分解されてしまったコラーゲンも再合成されてほしいところですよね。

そこで、コラーゲンの再合成に何が必要なのか調べてみました。

アミノ酸

コラーゲンを体内で合成するのに必要なのが、アミノ酸です。
コラーゲン自体もたんぱく質なので、アミノ酸の集まりなんですね。

その中に不足しがちなアミノ酸を補ってあげることで、再合成や体内でのコラーゲン合成が促進されます。

その必要なアミノ酸が、リジンとプロリンです。
特にリジンは必須アミノ酸といって、体内には存在しないものなので食事などから摂る必要があります。

リジンは乳製品や大豆、レバーに多いので積極的に摂取しましょう。
レバーは鉄分も多く、大豆には女性に嬉しい大豆イソフラボンが含まれているのでいろいろな意味でも摂取したい食品ですね!

ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンの生成や合成を助けることで有名な成分です。

ビタミンCはコラーゲンを作るのにとても重要な成分で、これが欠乏してしまうとうまくコラーゲンが作れなくなってしまいます。

ビタミンCは野菜や果物に多く含まれます。
おやつなどで果物などを摂るのもオススメですよ!

甘いお菓子を食べるよりもダイエットにもなりますし、美容にも良いので一石二鳥ですね。

体のコンディションも大切

コラーゲンを効率よく分解・吸収・合成させるには、体調もとても大切になります。

分解する胃や吸収する小腸が元気でなければ、うまく再合成まで進むことはできませんよね。
しっかりと胃で分解し、小腸で出来るだけ多くのアミノ酸が吸収出来るように体のコンディションも整えておきましょう。

そのためには毎日の規則正しい食生活が大切になってきます。

極端にコラーゲンの多いものなどを食べたところで、体調が悪くなってしまうだけです。
せっかく摂取したコラーゲンを最大限に生かすためにも、必要な栄養素を理解して正しい食生活を送りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です