コラーゲン5g摂取が効果的!取りすぎない必要量は?

美容に良いとされるコラーゲンですが、気になるのはその摂取量
たくさん摂れば良いというわけでもなさそうですし、一体どのくらいが適正なのでしょうか。

コラーゲンの摂取量

今回はコラーゲンの正しい摂取量と、その理由についてを詳しくまとめていきます!

コラーゲンの正しい摂取量は?

摂取量の情報はまちまち

コラーゲンの一日の摂取量の情報には、いろいろな説があります。
情報量が多い上にバラバラで、混乱してしまいますよね。

でも、これには理由があります。
情報がバラバラなのは、コラーゲンの正しい摂取量が定まっていないからです。

年齢や体質、現在の体内のコラーゲン量などにもよって変わってくることが大きな原因でもあります。
なので、なかなか何gという細かい数字が出せないんですね。

基準は一日5g?

中でも多い意見が一日の摂取量は5gが正しい、というものです。
だいたいの目安は5g~10gで、年齢を重ねるごとに摂取量を増やす必要があります。

また、サプリなどで摂取する場合にはコラーゲンの形状も関係してきます。
コラーゲンペプチドなどの分子量が小さいコラーゲンであば、少ない量でも十分な効果を発揮します。

最近ではコラーゲンペプチドのような、分解・吸収に優れたコラーゲンが増えていますね。

コラーゲンを摂りすぎると副作用がある?

美容に良いとされるコラーゲン。
出来ることなら、たくさん摂取して美しいお肌を目指したいですよね。

でも、そこで気になるのは副作用のこと。
たくさん摂取したいと思ってしまうのは当然かもしれませんが、副作用があるのであれば気をつけなければなりません。

摂りすぎるとたんぱく質の過剰摂取に

コラーゲンというのは、そもそもたんぱく質の一種です。
なので、あまりにもたくさん摂取しすぎるとたんぱく質の過剰摂取になってしまいます。

それによりセルライトが出来てしまったり、体調を崩してしまうことにつながりかねません。
特に腎臓や肝臓が弱い方は注意が必要になります。

しかし、あまりにもたくさん摂取しないかぎりはあまり心配する必要はありません。
とはいえ体質などもありますから、体調等の様子を見ながら摂取することをオススメします。

食品からの摂取なら注意が必要

コラーゲンを食品から摂取する場合には注意が必要になります。
コラーゲンを多く含む食べ物は、高カロリーのものが多いからです。

肉類やすっぽん、フカヒレなどはカロリーや脂質がとても高いです。
こういった食品は、摂りすぎると肥満や病気の原因となります。

たくさんのコラーゲンを摂取したい場合は、やはりサプリメントなどからの摂取をオススメします。

サプリメントなら効率もよく、質の良いコラーゲンを摂ることが出来ますよ。

摂取の仕方は?周期的に摂取すると何が良いの?

コラーゲンは摂取量だけでなく、摂取の方法にもいろいろな考え方があります。
その中に、周期的に摂取するのが効果的という説があったので調べてみました!

5gを一週間おきに摂取

コラーゲンを周期的に摂取するという説は、テレビ番組でも紹介されていました。
その方法が、一日5gを一週間おきに摂取するというものです。

実際の実験では、毎日摂取する人と一週間おきに摂取する人に分けて生活をしてもらって肌の変化を比べていました。

その結果、一週間おきに摂取していた人の方がよりよい結果が得られたということでした。
この説はまだ出始めたばかりで、詳しいことは分かっていません。

おそらくコラーゲンを摂取することで体内の細胞が動き出し、コラーゲンを摂取したいない間は体内の細胞たちが活性化してくれているのではないかと思います。

よく、アスリートなどのトレーニングにもインターバルってありますよね。
それと同じ原理なのかな?と感じています。

摂取するのは夜がオススメ

最後に、コラーゲンを摂取する時間帯について触れておきましょう。
オススメは、夜です。

寝ている間にお肌のターンオーバーが進んだり、新陳代謝がアップしているからです。
寝る前にコラーゲンを摂取することで、よりよい効果が期待できそうですね!

コラーゲンについては本当にたくさんの情報があります。
しっかりと正しい情報を吸収して、自分にあった摂取方法や摂取量を見つけてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です