コラーゲンの嘘と真実!効果の有無は?

美容に良いとされる成分の代表格、コラーゲン。
でもコラーゲンっていろいろな情報が出回っていて、混乱してしまいますよね。

コラーゲンの嘘と真実

今回はコラーゲンについての“嘘と真実”を徹底検証したいと思います!

経口摂取で効果があるというのは嘘?

嘘といわれる理由

コラーゲンを口から摂取しても意味がないという話は、耳にしたことがあると思います。
ではなぜそのように言われているのか、理由を探ってみました。

コラーゲンは口から摂取すると体内に入り、分解されてしまいます。
コラーゲンとして摂取したものが、体内で分解されてたんぱく質やアミノ酸になってしまうということですね。

これがコラーゲンが美肌に効果的なのは嘘!と言われている理由です。

最近の研究では新たな真実も

しかし最新の研究では、実際に長期にわたってコラーゲンを摂取した人に効果が表れるという結果も出ています。

これは、コラーゲンの質が向上しているからです。
これまでのコラーゲンは分子が非常に大きく、そのままでは人間の体内には吸収出来ませんでした。

そのため、分解されてしまっていたんですね。

ということは、分子を小さくすれば良いのでは?というところに着目して作られたのが“コラーゲンペプチド”です。

コラーゲンペプチドはこれまでのコラーゲンとは違って分子量が小さいので、口から摂取したものの一部がそのままコラーゲンとして吸収出来るようになっています。

コラーゲンは分解されたら意味がない?

先ほどの説明で、口から摂取したコラーゲンのほとんどは分解されてしまうと書きました。
では、その分解されたコラーゲンたちはどうなるのでしょうか。

コラーゲンはたんぱく質なので、分解されると複数のアミノ酸になります。

コラーゲンの効果は嘘だと言われるのは、分解されてしまったらコラーゲンの意味がないからだということなんです。

分解されたら意味ナシは嘘?

結論から言えば、これは嘘です。

そもそも、分解されて出来たアミノ酸たちはコラーゲンの元となる成分なんです。
コラーゲンというのは、もとから体内に存在するものです。

つまり、体内でもコラーゲンは生成されています。
この分解されたコラーゲンたちは、そこからさらに再合成されることになります。

なので分解されてコラーゲンでなくなってしまったからと言って、意味がないというのは嘘になります。

コラーゲンが分解されて生まれたアミノ酸は、再度合成されます。
その一部はコラーゲンにもなるんです。

もうひとつ、コラーゲンが体内で分解されることで、体の中でコラーゲン合成が促進されるという説もあります。

通常はお肌のコラーゲンは分解と合成を繰り返しています。
隊長!大変です!お肌のコラーゲンが分解されました!,それは一大事!
すぐにコラーゲンを合成するのじゃ!

経口摂取したコラーゲンが体内で分解される過程や、人工的に分解されたコラーゲンペプチドを吸収することによって、脳がコラーゲン合成を促進するように指示するという説もあります。
またどこかでコラーゲンが分解されたようじゃ!とりあえず合成しよう!

コラーゲンは皮膚に直接塗っても効果はない?

コラーゲンの入った商品は経口摂取のほか、化粧水などの肌に直接塗るタイプのものもたくさんありますね。

よく、化粧水などは肌の中にまで浸透しないから意味がないと言われます。
これは半分本当で、半分は嘘です。

これも詳しく見ていきましょう。

浸透しないは本当

一般敵に売られているコラーゲン入りの化粧水のほとんどは、コラーゲンが存在する真皮や角質層にまで浸透しません。

人間の肌は何層にもなっているので、よっぽど小さな分子でなければそれらの層を通り抜けることが出来ないんです。

真皮や角質層に届くようにするには500ダルトン(分子の質量単位)以下という、本当に小さな小さな分子でなければなりません。

【コラーゲンの分子量】
・豚や牛由来のもの:約30万
・魚由来のもの:約10万
・ゼラチン:数万~10万
・コラーゲンペプチド:100~3000
・トリペプチド:400以下
(トリペプチドはアミノ酸3ヶが繋がったコラーゲンと呼べる最小のもので

す)

上記は平均の大きさで、実際は様々な分子量のものが混合された状態になっています。

それだけ小さな分子でも確実に皮膚に浸透する訳ではなく、浸透する“可能性”があるという程度です。

効果がないは嘘

一方で、効果がないというのは嘘です。
肌の奥にまでは浸透しないものの、肌に表面の保湿には十分な効果を発揮します。

コラーゲンはお肌の表面に塗ることで膜を作り、乾燥やシワから守ってくれます。
なので、効果がないというわけではないんです。

どんどん進むコラーゲン研究

コラーゲンの効果については、まだまだ研究過程のようです。

効果について科学的なエビデンス(根拠)があると完全に認められた訳ではなく、使った場合と使わない場合で違いがあるデーターが存在するという程度です。

それらの情報が嘘か真実かを見極めるのは難しいですが、日々の研究によって真実が変化していることも事実です。

過去には嘘だと言われていたことも、研究が進むにつれて覆ることもあります。

特にコラーゲンはいろいろな方面からの関心も高く、研究にも力が入っていると考えられます。
今後も、良い意味でこれまでの情報が覆ることに期待したいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です