コラーゲンパウダーで実感!ドリンクや錠剤との違いは?

コラーゲンサプリの種類には様々なものがありますね。
その中に、コラーゲンパウダーは、コスパの高さで人気です!

コラーゲンパウダー

コラーゲンをサプリで摂取しようと思っても、種類があまりにも多くて悩んでしまいますよね。
今回はコラーゲンパウダーの効果とメリット、デメリットを中心にコラーゲンサプリについてまとめました!

コラーゲンサプリの種類は?

粒タイプ

粒タイプはサプリメントの中では定番ですね。
もち運びにも便利ですし、いつでもどこでも飲めて安価なものが多いです。

小さいので飲みやすく、初心者にもオススメです。

ドリンク

そのまま飲むことが出来るので便利です。
味は好みがあるので、モノによっては飲みにくいものもあるかもしれません。

高価なものが多いですが、コラーゲンの含有量は多いですね。

ゼリー

デザートのように食べることが出来、ダイエット中の方にもオススメです。
美味しく、もち運びにも便利です。

冷やして食べたりすることも出来ますね!

パウダー

水などに溶かして飲むタイプのサプリです。
何に溶かしても大丈夫ですし、料理に入れて摂ることも出来ます。

特に味もないので、摂取しやすいです。

コラーゲンパウダーのメリット・デメリット

メリット

味がないので独特のクセがなく、誰にでも飲みやすいです。
水やお茶、ジュースだけでなく料理に入れることも出来るので本当に便利です。

値段もそこまで高くなく、コラーゲンの含有率が高いものがほとんどです。
コスパがよく、1回あたり100円以下です。

コラーゲンのほかにも美容に良いとされる成分が含まれているものも多いので、目的に合ったパウダーを選択できます。

デメリット

1回分ずつの個包装になっていないものもあるので、持ち運びがしにくいかもしれませんね。

そのまま摂ることは出来ないので、必ず混ぜるためのものが必要になります。
混ぜて摂取しなくてはいけないので、少し手間がかかってしまいます。

溶けにくいものだと、ダマになってしまう場合があるので注意が必要です。

実感できるの?

コラーゲンパウダーは効率よくコラーゲンを摂取出来るので、実感しやすいといわれています。

粒タイプなどよりもコラーゲンの含有量も多く、コスパがいいのでとてもオススメです。
実感するまでの期間には個人差がありますが、1週間~1ヶ月くらいです。

比較的早めに実感できているサプリなんです。

魚由来のコラーゲンと豚由来のコラーゲンの2種類があり、自分に合う方を選んで使用するとよりよい効果が期待できます。

コラーゲンパウダーの口コミ

多くの口コミでは、実感出来たと書かれていました。

悩んでいた目の下のシワについて実感しました。これを飲むようになってから肌に弾力が出てきて、目立たなくなりました。

コーヒーが好きで、混ぜて飲んでいる。このコラーゲンパウダーはフィッシュコラーゲンで低カロリーだから、太る心配がなくて嬉しい。

コスメの使用感が変わってきました。以前よりノリがいいです。

飲み始めてひと月。肌のキメが細かくなりました。

みなさん実感できているようですね!

飲み方は?

ほとんどのものがほぼ無味無臭ですが、中には臭いが気になるものもあります。

そこでオススメなのが、水ではなく味の濃い飲み物に混ぜて飲む方法です。
水やお茶よりも香りの強い紅茶やコーヒーに混ぜる方が美味しく飲むことが出来ます。

また、冷たいものよりも暖かい飲み物の方が溶けやすいのでオススメです。
体も温まるので、とてもいいですよね。

他にもヨーグルトに混ぜたり、スープやお味噌汁に混ぜても美味しく摂取できると思います!

一緒に摂るといいもの

どのコラーゲンサプリにも言えることですが、ビタミンCは積極的に摂取しましょう。
コラーゲンの効果を高めてくれます。

基本的にはバランスのよい食事を心がけると良いと思います。

選び方は?

コラーゲンパウダーを選ぶときに注目したいのが、コラーゲン含有量です。
値段と含有量を比較してコスパの良い物を選びましょう。

またコラーゲンの種類が魚由来か豚由来か、それから個包装になっているかどうかに注目してみてください。

持ち運ぶのであれば、個包装の方が圧倒的に便利です、
一方でやはりコスト面で考えれば個包装は高価になってしまいます。

持ち運びしないのであれば個包装でないものがオススメです。

毎日続けて実感

コラーゲンパウダーは毎日続けることが大切です。

なので実感できないからと言ってすぐにやめるのではなく、長く続けることが大切です。

コラーゲンパウダーのほか、規則正しい生活やバランスの良い食事で、ぷるぷるのお肌を目指しましょう!

★おすすめ商品タイプ別ランキング★
ドリンクタイプのおすすめ
粉末タイプおすすめ
粒タイプおすすめ
ゼリータイプおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。