目の下のたるみの原因はコラーゲンのダメージだった!対策は?

どうしても気になる目の下のたるみ。

目の下のたるみ

それが改善できるとしたら、とても嬉しいことですよね。
実はその目の下のたるみにはコラーゲンが効果的なんです!

その理由と詳しい効果をまとめました。

目の下がたるんでしまう原因は?

目の下のたるみの原因のほとんどは、老化、紫外線の影響、強い刺激などによるものです。

なぜ老化によって目の下がたるんでしまうのかというと、そのガギはコラーゲンにありました。
コラーゲンは年齢とともに減少し、コラーゲンが減少することで肌は弾力を失ってしまうのですね。

アミノ酸が集まって出来たコラーゲンはらせん状の構造をしていて、それによって肌にハリが生まれます。

皮膚の形状はコラーゲンがしっかりと骨組みのような役割をしているからこそ保てるのです。

また、コラーゲンは水分を入れる器の役割もしています。

それにより、肌の表面にある水分を抱え込んで潤いも与える効果もあります。

コラーゲンで形が形成されて、そこにヒアルロン酸などに水分が保持されているのです。

ヒアルロン酸はコラーゲンと同じく年齢とともに減少する成分のひとつなので、同じように外から補ってあげることが大切になってきます。

ヒアルロン酸は1gで6Lもの水分を保水出来るといわれていて、かなり高い保水力をもった成分です。

ヒアルロン酸が保水をし、そのヒアルロン酸が保水した水分をコラーゲンが抱え込むことでお肌に潤いが生まれます。

コラーゲンが損傷を受けることで、形が崩れ、水分が失われ、眼の下のたるみが発生していますんです。

目の周りは、人間の体の中でもかなり皮膚が薄い部分です。

ですからコラーゲンの乱れが一番最初にでやすい部分なのです。

眼の下のたるみの対策は?

眼の下のたるみ対策については、良く眼の廻りのマッサージや、トレーニングが効果的と説明されています。
それに加えてここではインナーケアの重要性についても大切です。それらについて対策を順に見ていきましょう。

マッサージ

マッサージは、眼の周辺の血行を良くし代謝を促進することでたるみを解消しようとするアプローチです。

美顔器や顔周りのマッサージ機もありますが、やり過ぎは逆効果になってしまいます。

傷ついて弱くなっているコラーゲンをさらに痛めつける結果になる可能性があるからです。

マッサージをするときは、大きな変形をさせずに優しく行うようにしましょう。

目の周りの筋肉を鍛える

目の廻りの筋肉のトレーニングは効果があるといわれています。

眼輪筋(がんりんきん)という筋肉を鍛えることで、目のまわりが引き締まってたるみを改善できます。

やり方は以下の通りです。

1. 口を「お」の形にして鼻の下を伸ばします
2. そのまま目線を上に向けて目の下を伸ばしていきます
3. 下まぶたを引き上げるようにして、まぶしい表情をつくって5秒間キープします
4. ゆっくりと元に戻します

これは下まぶたを鍛える方法で、目の下のたるみには特に効果が期待できそうですね!

インナーケア

マッサージや筋肉を鍛える方法は、実は補助的なものです。というのは、眼の下のたるみの原因はコラーゲンの減少や損傷だからです。

この原因に対して効果のあることをしないと、進行を防いだり、改善することは期待できません。

まずは、眼の下のコラーゲンの損傷を補修して、重力に耐えるしっかりとした骨組みを再生しなければなりません。

そのためには、減少する一方のコラーゲンやヒアルロン酸をしっかりと補給していく必要があります。

コラーゲンやヒアルロン酸の不足は普段の生活ではなかなか補うことが出来ません。

効率よく毎日摂取するにはやはりサプリメントがオススメです。

出来れば吸収の良い低分子化されたコラーゲンペプチドが配合されたものを選びましょう。

そしてヒアルロン酸を一緒に摂取するとより効果的です。

コラーゲンの損傷を防ぐ

老化によるコラーゲンの損傷もありますが、とても影響が大きいと言われているものに紫外線があります。

真皮のコラーゲンは紫外線によって大きなダメージを受けてしまいます。

紫外線を受けてもある程度ダメージを防止するサプリメントとしてはポリフェノールがあります。ポリフェノールを含むものやプラセンタなども有効です。

季節を問わず紫外線対策はしっかりとしていきましょう。

眼の下のたるみ対策まとめ

コラーゲンを中心としたサプリメントで、眼の下のコラーゲンを元気にすることをまずしっかりと行いましょう。

そして、優しいマッサージや眼輪筋のトレーニングで代謝を良くし皮膚の再生力を増しましょう。

最後に、しっかりとした紫外線対策で皮膚とコラーゲンのダメージを防ぎましょう。

これをしっかりと継続していけば、数年後には眼の下のたるみはだいぶ違った結果になると思います。

まずは続けることを目標にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です