コラーゲンでニキビが増えるって本当?ニキビ跡との関係もまとめ

コラーゲンを飲むとニキビが増える。
お肌に良いとされるコラーゲンが肌荒れを悪化させるとしたら、これは重大なことですよね。

コラーゲンとニキビ

この噂は本当なのか?
その理由と原因を徹底的に調べました!

コラーゲンとニキビの関係

コラーゲンを摂るとニキビが増えると噂されていますが、この2つにはどのような関係があるのでしょうか。

実は実際にニキビが増えた、悪化したという声も少なくありません。
その理由はどこにあるのでしょうか?

コラーゲンでニキビが増える一番の原因としては、コラーゲンの作用の中に皮脂の分泌を増やす効果があるということです。
皮脂の分泌が多くなりすぎると毛穴がつまり、ニキビの原因になります。

また、コラーゲンを食べ物から摂取している場合も注意が必要です。
コラーゲンを多く含む食べ物の多くはカロリーが高く、脂肪が多いです。
それらを摂取しすぎることでニキビが出来る可能性もあります。

どんな人がなりやすい?

皮脂が増えすぎることで出来るニキビは、もともとオイリー肌の方がなりやすいです。
コラーゲンは肌に潤いを与えますが、もともとオイリー肌の場合は肌に脂が出過ぎてしまうんですね。

もとからニキビが出来やすいと感じている方はコラーゲンの摂り方には注意しましょう。

コラーゲンは摂らない方がいい?

かといってコラーゲンを摂らない方が良いわけではありません。
コラーゲンが直接的にニキビを増やすとは考えにくいからです。

コラーゲン自体がニキビを増やすというよりも、体質だったり食事の内容が関係していることの方が大きいですね。

例えばコラーゲンを食事から摂るなら、内容を考えたりするなどの工夫で改善することが出来ます。
コラーゲンがニキビを増やすというよりも、その他の環境と影響し合って増やしたり悪化させたりするという考え方の方が正しいですね。

コラーゲンでニキビの改善も

先ほどは、コラーゲンによってニキビが増える可能性があると説明しました。
しかし場合によっては、コラーゲンはニキビを改善してくれる可能性もあるんです。

ニキビが増えるのは皮脂が原因であると説明しましたね。
でもニキビには皮脂以外にもお肌のターンオーバーの乱れによって出来るものもあります。

そのニキビの場合にはコラーゲンが有効なんです!

なぜ有効なのか?

コラーゲンにはお肌のターンオーバーを促す効果があります。
ターンオーバーは簡単にいえばお肌の生まれ変わりのことですね。

新しい皮膚を作って、古い皮膚を押し出す形になります。

このターンオーバーが不足しているときに出来るニキビは、コラーゲンによってターンオーバーを促すことで改善できます。

コラーゲンには老廃物を排出させる効果もあります。
新陳代謝も高める効果があるので、新しい肌が作られることでニキビを改善できるといわれています。

ニキビ跡に効果があるって本当?

先ほど書いたように、コラーゲンにはターンオーバーを促す効果があります。

ニキビ跡はターンオーバーによって改善される可能性があります。
肌の表面に出来てしまったクレーターのようなニキビ跡は、肌が生まれ変われば改善されます。

即効性はありませんが、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

気をつけること

まずコラーゲンの摂取を考える前に、自分の肌質を確認してみてください。
常にお肌がべたついていたり脂っぽいと感じる方は、オイリー肌の可能性があります。

オイリー肌の場合は様子を見ながらコラーゲンを摂ることをオススメします。

脂っぽいからと言って肌の保湿を怠って乾燥させてしまうと、逆効果になってしまいます。
オイリー肌だからこそしっかりと保湿をしてくださいね!

ニキビが出来てしまったら?

もしコラーゲンを摂り始めてからニキビが出来た、悪化したと感じた方は一度コラーゲンをやめてみましょう。

悪い影響が出ているのに使い続けてしまうと、さらに悪化してしまう可能性があります。
一度やめたうえで、悪化しないようにしっかりとスキンケアを行ってくださいね!

ニキビが出来ているからと言って洗顔をしすぎると、乾燥してしまいますので適度にとどめて保湿をすることをオススメします。

お肌の調子が整ったら、また様子を見ながらコラーゲンを摂取してみましょう。

自分の肌と向き合うことが大切

コラーゲンを摂る上でまず大切なのは自分の肌と向き合うことです。

自分の肌質やコンディションをしっかりと把握したうえで、コラーゲンについて考えてみてくださいね!

★おすすめ商品タイプ別ランキング★
ドリンクタイプのおすすめ
粉末タイプおすすめ
粒タイプおすすめ
ゼリータイプおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。