コラーゲン原料(豚・牛・魚・フカヒレ・すっぽん)の特徴と違いは?

コラーゲンの原料っていろいろありますよね。
魚や豚肉、すっぽんやフカヒレなど本当にいろいろなものがあります。

コラーゲン原料

今回はそのコラーゲンの原料による違いや特徴がどこにあるのかをまとめていきます。
サプリメントなどを選ぶ際の参考にしてみてくださいね!

肉類が由来のコラーゲンの特徴

豚由来のコラーゲン

コラーゲン原料

豚由来のコラーゲンは、人のコラーゲンとアミノ酸の構成が似ているといわれています。

また、豚コラーゲンは、コラーゲンが体内に入ってからの合成を促進する作用があると言われている「PO(プロリルヒドロキシプロリン)」と「OG(ヒドロキシプロリルグリシン)」が多いと言われています。

豚の使用する部位は豚皮が主流で、価格も比較的安いので、サプリメントの原料として広く使われています。

鶏由来のコラーゲンの特徴

コラーゲン原料

鶏肉のコラーゲンは主に皮の部分に含まれています。

豚由来のものに比べ、高価なのであまり流通はしていません。

一番の特徴としてはⅡ型コラーゲンが多く含まれているということです。

Ⅱ型コラーゲンは関節の痛みに効果があるとされていて、軟骨の主成分となっているコラーゲンでもあります。

その為、関節の痛みを和らげる効果のあるサプリメントに使われることが多いですね。

牛由来のコラーゲンの特徴

コラーゲン原料

牛由来のコラーゲンは狂牛病が騒がれた時に安全性が疑われましたが、これは全くの風評で、実際は安全性は全く問題ありません。

牛の部位は、牛皮が使われます。牛皮のものは味や臭いが比較的少ないとも言われます。

牛由来のものもサプリメント原料として使用されています。

魚由来の場合は、マリンコラーゲンなどと明示されているサプリメントが多いですが、牛由来の場合は、上記の風評が今も残ってる為か、明示されていないことも多いようです。

魚類が由来のコラーゲンの特徴

一般的な魚由来のコラーゲンの特徴

コラーゲン原料

一般的な魚由来のコラーゲンは、魚の皮や鱗(ウロコ)などに含まれているもののことを指します。

肉由来のコラーゲンよりも吸収が良いとされています。

なぜ吸収が良いかというと、魚由来のコラーゲンは、肉由来よりも分子量が元々小さく、低分子化しやすいからです。

但し、加工技術のある会社ならば肉由来でも低分子化できるので、製品になったコラーゲンが魚由来の方が必ずしも優れているという訳ではありません。

サプリメントには鱗由来や魚皮由来のコラーゲンが使用されていることが多いです。

但し魚由来のコラーゲンは独特の臭いが気になるという方も多いです。

魚由来のものは肉由来のコラーゲンよりも臭みを取り除くのに時間がかかるため、臭いが残りやすいんですね。

でも、最近は酵素分解や精製技術の向上により不純物がしっかり除去されているため、臭いは殆ど感じない製品が多いです。

すっぽん由来のコラーゲンの特徴

コラーゲン原料

すっぽんの場合は、他の原材料と異なる使われ方をされています。

すっぽんは料理して食べる場合も捨てる部位がほとんど無いと言われる食材です。

なので、サプリメントに加工する場合もほとんど丸ごと使うような使われ方になります。

他の原料のように酵素分解して低分子化したコラーゲンを抽出するのではなく、原料に含まれるアミノ酸などの栄養素をそのまま生かして加工されるわけです。

ですから、すっぽんの場合は、コラーゲン単独で考えるのではなく、他の栄養素とセットで考えるべきものになります。

フカヒレ由来のコラーゲンの特徴

コラーゲン原料

フカヒレは中華料理の中でも1位、2位を争うほど高級な料理です。

フカヒレ由来のコラーゲンは分子が小さいことが特徴で、体内での吸収に優れていると言われています。

一般的なコラーゲンの分子量が10~30万と言われていますが、フカヒレには、分子量3,000程度のコラーゲンが7割を占めるんです。加工して低分子化したコラーゲンをコラーゲンペプチドと言いますが、フカヒレのコラーゲンはもともと低分子のコラーゲンなんですね。

フカヒレには、コンドロイチン硫酸という、関節や真皮の細胞間にも含まれるプロテオグリカンの材料になる成分が多く含まれます。

フカヒレもコラーゲン以外の栄養素を活かした加工したもので、ドリンク剤などに使用されています。

結局どれが一番いいの?

いろいろな特徴が分かったところで気になるのは、どのコラーゲンが一番美容効果があるのかですよね。

実はこれは一概にどれがいいとは言い切れないんです。

コラーゲンは原材料から酵素分解など多くの工程を経て製造されますので、原材料の影響はほとんどないとも言われます。

酵素分解のしかたでも品質が異なり、より品質の高いものは高いグレードのコラーゲン材料として流通しています。

コラーゲン粉末の場合は信頼のおけるメーカーのものを選べば、由来はあまり関係なく純度が高くて臭いなどの少ないものが手にはいります。

ドリンクやタブレット、ゼリーなどの場合は、2つのタイプに別れます。

ひとつは、純度の高いコラーゲンから、他の成分を加えるなどして作られたものです。

このタイプの場合は、更に加工されますので、コラーゲン原料の由来はほとんど関係ないと言っても良いと思います。

もうひとつは、素材をそのまま活かしたものです。すっぽん由来のものはその代表とも言えます。

【まとめ】
精製や低分子化が十分でない質の劣るコラーゲンの場合は、肉類由来のものは吸収性に劣り、魚由来の場合は臭いが強くなる。
品質の良いコラーゲンの場合は、原料の由来はほとんど影響しない。
粉末タイプサプリメントは信頼のおけるメーカーのものを選べば、原料の由来は関係なし。
ドリンク、粒、ゼリータイプサプリメントで、コラーゲンの由来を強調していないものは、由来を気にする必要なし。
すっぽんについては使用部位や産地なども含め原料の由来にはこだわった方が良い。

すっぽん以外はあまりこだわらず、他の成分や価格などの方を考えて選べば良いと思います。

★おすすめ商品タイプ別ランキング★
ドリンクタイプのおすすめ
粉末タイプおすすめ
粒タイプおすすめ
ゼリータイプおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。