コラーゲンが関節痛に効果アリ!軟骨のすり減りが復活?

寒くなると関節が痛い、関節が痛くて階段を上るのが辛いなんてことはありませんか?

関節痛をコラーゲンで和らげる

そんな関節の痛みには、コラーゲンが有効という説があります。
どうして関節の痛みにコラーゲンが有効なのか?その理由と実際の効果を検証したいと思います!

関節痛の原因は?

関節痛の原因は様々ですが、今回はその中でも大きな原因となっているものを紹介します。

体の仕組みを見てみると、関節というのは骨と骨の間の部分ということになります。
その関節を形成しているのが骨、腱、筋肉、軟骨です。

このなかで関節痛の原因となりえるのが、関節軟骨です

関節軟骨は字の通り、比較的やわらかい骨です。
柔らかいということもあり、軟骨は年齢とともにすり減っていくことが分かっています。

腕や足を曲げ伸ばしする際にクッションとなってくれる軟骨は、曲げ伸ばしをするたびにすり減っていきます。

繰り返しすり減ることでクッションがなくなり、関節炎を起こして関節痛が起こるようになります。

減った軟骨は戻らないの?

関節痛、関節炎の原因である関節軟骨の減少。
では、減った関節軟骨はもう戻すことは出来ないのでしょうか?

答えは“いいえ”です。

軟骨には再生能力があるので、すり減ってもまた再生されます。

しかし年齢を重ねていくと、再生能力は弱まってしまいます。
そうすると減った関節軟骨に対して再生が間に合わず、段々と減っていってしまうのです。

関節痛とコラーゲンの関係性は?

関節痛や関節炎の原因が分かったところで、次は関節痛とコラーゲンの関係を見てみましょう。

コラーゲンというのはそもそもアミノ酸の集まりで、たんぱく質のひとつです。

このコラーゲン、実は軟骨の主成分なんです。
ここが関節痛とコラーゲンの大きな繋がりというわけですね。

コラーゲンが関節痛に効く理由

先ほど説明したように、コラーゲンは軟骨の主成分です。

そして関節痛が起こる主な理由は軟骨の減少による関節炎です。

ということで、コラーゲンを積極的に摂取すれば、軟骨が再生されやすくなって関節痛が和らぐという結果になります。

ちなみにコラーゲンにもいろいろな種類があって、軟骨の主成分のコラーゲンはII型コラーゲンというものになります。

コラーゲンはどのようにして摂取する?

1日に必要なコラーゲンの量

1日に必要なコラーゲンの量は、体の大きさや年齢などによって個人差がありますがおよそ5000mgと言われています。

コラーゲンを多く含む食品は、脂質やカロリーの高いものが多いです。
食事からのみでこの量のコラーゲンを摂取するのはかなり難しく、肥満や不健康にも繋がってしまいます。

上手にサプリを活用しよう

そこで便利なのがサプリメントです。
サプリメントなら必要な量のコラーゲンを効率よく摂取することが出来ます。

さらにサプリメントなら、効率よく吸収できるコラーゲンの形になっていることが多いのでよりよい効果が期待できますね。

サプリメントの上手な選び方は?

コラーゲンのサプリメントにも種類があります。

配合されているコラーゲンの種類によっても効果などが違ってくるので、サプリメントを選ぶ時には注意しましょう。

関節痛に効果があると書かれているサプリメントの中でも、成分表示等を見てII型コラーゲンの表記があるかどうかを確認しましょう。

II型コラーゲンが配合されているものの中で、コラーゲンペプチドとして配合されているのものであればよりよい効果が期待できます。

コラーゲンペプチドは低分子化されたコラーゲンのことで、体内での吸収がされやすくなったもののことです。

サプリメントを選ぶ際は“II型コラーゲン”そして“コラーゲンペプチド”に着目してみましょう。

コラーゲンが効かないことも

最初に書いたように、関節痛や関節炎の原因は人それぞれです。
一概にコラーゲンが効果があるとは言えません。

他の病気や原因が隠れている場合も多いので気をつけましょう。

しかし、多くの場合は効果が期待できますので一度試してみる価値はあります。

まずは自分の関節痛の原因にしっかり向き合ってみてくださいね。

★おすすめ商品タイプ別ランキング★
ドリンクタイプのおすすめ
粉末タイプおすすめ
粒タイプおすすめ
ゼリータイプおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。