コラーゲンの経口摂取は意味がない?効率的なサプリの飲み方も!

肌をきれいにしてくれるといわれているコラーゲン。
そのコラーゲンを口から摂取しても意味がないと噂されていることを知っていますか?

コラーゲンの経口摂取

コラーゲンサプリなどを飲んでいる方も多い中、この噂には驚かされた方も多いと思います。
今回は効果がないといわれている理由や、どうしたら効果的に摂取できるのかを詳しくまとめました。

効果がないといわれている理由

少し前までは、コラーゲンは口からとっても意味がないというのが常識になりつつありました。

その理由として挙げられていたのが、コラーゲンは体内でアミノ酸に分解されてたんぱく質に再合成されるということでした。

口から取ったコラーゲンは体内で完全に分解され、コラーゲンとしての作用はしないという考え方から意味がないとされてきました。
体内で分解されてしまっては、せっかく摂取したコラーゲンはお肌に届くことなくアミノ酸になってしまいます。

これでは意味がないと思われて当然ですよね。

しかし、近年ではこの考え方が改められてきました!

効果ありという声も

今までは、効果がないという考え方があたりまえでした。
しかし最近なって、その考え方に変化が生まれています。

口から取ったコラーゲンがアミノ酸に分解されるのはすべてではなく、一部はコラーゲンとして残ることが分かってきたのです。

その残ったコラーゲンはコラーゲンペプチドとして体内に吸収されます。
このことから、肌への作用があると考えられるようになりました。

また、最新の研究では低分子化させたコラーゲンが開発されています。
かなり小さな分子なので体内への吸収がよく、より効果が期待できるといわれています。

実際にモニターなどで調査した結果も、シワが減ったりハリは増えたりと効果が実感できたという結果が出ています。

今までの効果がないという研究結果が間違っていたわけではなく、近年の最新の研究や技術の進化によって効果があることが証明されてきたということですね!

食事とサプリではどう違う?

コラーゲンは肉類や魚類など多数の食品に含まれます。
しかし、毎日コラーゲンの量に気を配ってメニューを考えることは大変ですよね。

サプリメントなら、毎日同じ量を簡単に取ることが出来ます。

また、サプリメントには他にもメリットがあります。
それは、先ほど説明した低分子コラーゲンが取れるということです。

食事よりも効率的に飲むことが出来、高い効果も期待できるのでオススメです。

食事にも気を使いつつ、サプリで補ってあげるのがよさそうですね!

摂取量は?

1日に必要なコラーゲンの量は5g~10gと言われています。

現在、実際に皆さんが摂取出来ているコラーゲンの量の平均は2g以下とも言われています。
全然足りていないことが分かりますね。

やはり食事だけでは難しいので、サプリなどで補うことが大切です。

効率の良い摂取の仕方

コラーゲンの効果をより高めるためには、いくつかのポイントがあります。

まずはビタミンCを一緒に取ることです。
コラーゲンの合成を助けてくれるので、一緒にとるとより効果的です。

また、時間帯は夜がオススメです。
お肌のゴールデンタイムは22時~2時という夜中の2時間とされていて、この時間は細胞が活性化されます。

そのため、夜に取るのがオススメとされているようですね。

もうひとつ、睡眠もとても大切です。
しっかりとした睡眠をとることと、お肌のゴールデンタイムは極力眠るように心がけましょう。

注意すること

効果的になることがある反面、逆に効果を減らしてしまうこともあります。

脂質の高い食品はコラーゲンの合成を妨げます。
また、糖分をとりすぎるとコラーゲンが糖化されてしまいます。

この2つは逆効果になりかねないので、摂りすぎには注意しましょう。

効果はあるものの注意が必要

コラーゲンの経口摂取は効果があるということが分かりました。
しかしその摂取の仕方や、食べ合わせなどによっても効果は大きく変化していきます。

始めは難しいかもしれませんが、効率よく摂取できるように工夫しながら無理のないようにすることが一番大切です。

頑張りすぎてストレスになっては意味がありませんからね。
自分なりの摂取の仕方を考えながら上手にサプリを飲んだり、食事にも取り入れていきましょう。

★おすすめ商品タイプ別ランキング★
ドリンクタイプのおすすめ
粉末タイプおすすめ
粒タイプおすすめ
ゼリータイプおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。