コラーゲンサプリの副作用は?ニキビや吹き出物の原因って本当?

コラーゲンサプリ副作用は有るのでしょうか。

結論から言うと

コラーゲンは食品なのでお薬のような副作用はありません。

しかし、やはり注意したほうが良いことはありますので、これを副作用としてご紹介します。

コラーゲンサプリの副作用

アレルギー

コラーゲンペプチドの副作用

コラーゲンペプチドはゼラチン由来のたんぱく質の一種ですので、アレルギーを起こす可能性がゼロではありません。

コラーゲンサプリを飲んだ後にかゆみや湿疹、じんましんなどがでた場合は、食べるのを中止して、医師に相談してください。

但し、コラーゲンサプリには他の成分添加物が含まれているものも多く、コラーゲン以外の成分によってアレルギー反応が出ている可能性もあります。

また、最近は少ないとは思いますが精製が十分ではないコラーゲンを使っている場合、原料由来のたんぱく質が残留している可能性も考えられます。すっぽんフカヒレなど原料をそのまま使っているようなサプリも同様です。

コラーゲンの原料には、魚、豚、牛などいろいろありますので、別の原料を使ったものに変えたり、より純度の高いコラーゲンペプチドを使用しているサプリに変えると良いケースも考えられます。

ニキビ、吹き出物や肌荒れは?

コラーゲンサプリの口コミを見ていると、ニキビや吹き出物が出て飲むのをやめたという人がいます。

コラーゲンがこのような肌トラブルの原因になるのでしょうか?

コラーゲン自体がニキビや吹き出物の原因になる可能性はほとんど無いと思われます。

やはりアレルギーと同様、コラーゲンサプリに含まれる他の成分添加物、不純物が原因になる可能性はあります。

自分に合わない成分もあると思いますので、別のサプリに変えたら問題なくなった人もいるようです。

症状がひどい場合は食べるのを止めて医師に相談してください。

妊娠中や授乳中は避けたほうが良い?

コラーゲンペプチドの副作用

妊娠中や授乳中についても、コラーゲンは食品なので通常は問題ないと考えられます。

但し、アレルギーの可能性は否定できませんので、大事をとるなら摂取は控えた方が良いと思います。

たんぱく質と栄養素をしっかり含んだバランスの良い食事をとってください。

下痢や消化不良

コラーゲンペプチドの副作用

コラーゲンの1日の目安摂取量は5~10gですが、この2倍、20gのコラーゲンを摂取しても健康に悪影響は無いと言われています。

但し、元々胃腸の弱い方など、大量にとったコラーゲンが消化しきれずに下痢を起こすこともあります。

コラーゲンサプリをこれまで摂ったことの無い方は、最初は5g程度から始め徐々に増やしていくと良いでしょう。

薬との飲み合わせ

コラーゲンサプリは食品なので、基本的には問題にならないと言われていますが飲み合わせによってはお薬の吸収に影響を与えたりする可能性も考えられます。

コラーゲンサプリにはコラーゲンペプチド以外の成分が含まれているものも多いので、医師や薬剤師に相談してから飲むことをおすすめします。

コラーゲンサプリの副作用?と噂されていること

コラーゲンの副作用にはならないのですが、噂されている副作用には下記のようなものがあります。

コラーゲンサプリを食べると太る?

コラーゲンペプチドの副作用

コラーゲンはたんぱく質の一種で、糖分や脂質は含まれていませんので、太る原因にはなりにくい物質です。

太るとしたら、コラーゲンを甘い飲み物と一緒に飲んだり、コラーゲンを入れた食事を美容のためにと食べすぎた場合などだと思います。

むしろダイエットの時のたんぱく質補給としてコラーゲンサプリを取り入れれば、ダイエットによるお肌への悪影響を減らすことができそうです。

未知の副作用は?

最近はコラーゲンペプチドのもつ機能性が注目されて、体の各部への影響などが研究されています。

すでに、細胞を活性化させるコラーゲンペプチドの比率を高めたコラーゲンサプリも販売されています。

コラーゲンサプリがより実感しやすくなるのは良いのですが、良い影響が有るなら、悪い影響もでるのでは?

と心配にもなってきます。

副作用が心配な方は、あまり出たばかりのものは避けて、実績のあるコラーゲンサプリを選んだ方が良いかもしれませんね。

★おすすめ商品タイプ別ランキング★
ドリンクタイプのおすすめ
粉末タイプおすすめ
粒タイプおすすめ
ゼリータイプおすすめ